2013年6月13日木曜日

本日の健康オチ

【毒食大陸中国】中国人さえ恐れる“中国産” 日本人は知らぬうちに“毒食品”を…

安徽省宿州市の皖北総医院(総合病院)で10日、呼吸内科の医師や看護師が次々に高熱を出し、隔離されていることが分った。鳥インフルエンザでないことは分ったが、原因は解明されていないという。中国新聞社が報じた。

WHOインフルエンザの対応レベル、数字から単語へと変更



本日のサイエンスオチ

かつての火星に飲料可能が水の存在。生命が生息可能であった新たなる証拠が発見される(NASA)



この本は面白い。行き着く先はセカンドルネッサンスか。
【解説より】
リーマン・ショック後、世界的な経済危機は脱しても一向に失われた雇用が回復しない状況に、経済学者は頭をひねってきた。代表的なのはポール・クルーグマンが唱える景気循環説。雇用の回復が弱く、需要が不足していると見る。第二の説明は、タイラー・コーエンが提唱する技術革新の停滞説。経済を進歩させる新しい強力な発想が生まれてないからだと見る。
これに対して、本書の2人は、技術の進歩が速すぎて起きる雇用喪失説の立場をとる。つまり、コンピュータとの競争に人間が負け始めていることこそ、雇用が回復しない真の原因であると主張する。
【読者レビューより】
面白かったジョークが、ヘンリー・フォード2世と全米自動車労働組合(UAW)会長の会話。 機械化の進んだ最先端工場を視察した二人。「ここにいるロボットたちからどうやって組合費を徴収するつもりかい?」とフォードが言うと、「ここにいるロボットたちにどうやって車を買わせるつもりかい?」。この会話は、端的に、機械化の進んだ世界の問題点を浮き彫りにしている。

これぞマトリックスの救世主。オメガ点。人類補完計画。
【読者レビューより】
レイ・カーツワイルさんが主張するタイムテーブルは次の通り。
2020年代 AI が 人間並みになる
2030年代 ナノ単位の小ささのロボット(ナノボット)で体内から多くの病気を治せる
     同じくナノボットで脳内からヴァーチャル環境に完全没入できる
2040年代 人間の脳の構造が研究しつくされ、コンピュータは超高性能になる
     その結果、人間の脳内の情報をコンピュータにコピーできるようになる
コピーされた脳内情報とは「人間自身」なので、人間もまたコンピュータ並みに超高速で考えられるようになる。
科学は爆発的に発展し、ヴァーチャル環境と同じことが現実でも可能となる。
これは、人間自身が人間を進化させ、新しい種を生み出したのと同じ。これが「特異点」だ。

本日の宗主国様・属国オチ

汚染工場の跡地に住宅 「時間が経つと症状が現れる」

【中央日報】海外潜伏した日帝戦犯狩りチーム編成~韓国の法廷に強制連行し遡及法で処罰可能に法改正すべき

観光名所の湖で魚が大量死、酸欠に魚は水面で必死に呼吸―河南省開封市

人民日報、安倍外交を痛烈批判 「軍国主義と価値観外交での人格分裂」

日付だけが正しい人民日報に罵倒されるということは、アベシンゾーの方向性はおおむね間違っていないということだな。

【シコリアン速報】韓国人が大学の図書館で突然オナニー!!!! 頭おかしいのか!!!!! 「雨が降って衝動的にオナニーをしたいと思った」 女子大生の横の席に座って10分間もシコシコシコシコ!!!!! まさに変態シコリアンの鑑!!!! ⇒ 警察「無断で図書館に侵入したので建造物侵入容疑を適用」「会話しても変な点は感じられなかった」 警察も馬鹿か!!!! 2ch「えええええ」「もう何が何やら・・」「朝鮮人って犬そっくりだよな。犬の食べ過ぎだろ」

新興国の外資撤退加速、中国株ファンドからの流出額は5年ぶりの高水準

証券会社のリポート1本でサムスン電子株急落~韓国総合株価指数も下落、サムスンの大きさ示す



この本は面白い。行き着く先はセカンドルネッサンスか。
【解説より】
リーマン・ショック後、世界的な経済危機は脱しても一向に失われた雇用が回復しない状況に、経済学者は頭をひねってきた。代表的なのはポール・クルーグマンが唱える景気循環説。雇用の回復が弱く、需要が不足していると見る。第二の説明は、タイラー・コーエンが提唱する技術革新の停滞説。経済を進歩させる新しい強力な発想が生まれてないからだと見る。
これに対して、本書の2人は、技術の進歩が速すぎて起きる雇用喪失説の立場をとる。つまり、コンピュータとの競争に人間が負け始めていることこそ、雇用が回復しない真の原因であると主張する。
【読者レビューより】
面白かったジョークが、ヘンリー・フォード2世と全米自動車労働組合(UAW)会長の会話。 機械化の進んだ最先端工場を視察した二人。「ここにいるロボットたちからどうやって組合費を徴収するつもりかい?」とフォードが言うと、「ここにいるロボットたちにどうやって車を買わせるつもりかい?」。この会話は、端的に、機械化の進んだ世界の問題点を浮き彫りにしている。

これぞマトリックスの救世主。オメガ点。人類補完計画。
【読者レビューより】
レイ・カーツワイルさんが主張するタイムテーブルは次の通り。
2020年代 AI が 人間並みになる
2030年代 ナノ単位の小ささのロボット(ナノボット)で体内から多くの病気を治せる
同じくナノボットで脳内からヴァーチャル環境に完全没入できる
2040年代 人間の脳の構造が研究しつくされ、コンピュータは超高性能になる
その結果、人間の脳内の情報をコンピュータにコピーできるようになる
コピーされた脳内情報とは「人間自身」なので、人間もまたコンピュータ並みに超高速で考えられるようになる。
科学は爆発的に発展し、ヴァーチャル環境と同じことが現実でも可能となる。
これは、人間自身が人間を進化させ、新しい種を生み出したのと同じ。これが「特異点」だ。

本日の相場・経済オチ

若林栄四氏 最新インタビュー「フライングバックジャパン18」を公開しました

うちの彼女さんが神と崇める若林栄四先生の最新インタビューじゃ。刮目して読め。

6054 リブセンス 株式分割および定款の一部変更に関するお知らせ

全てはカルナバリート先生とうちの彼女さんのシナリオ通り。
6/30基準日で二分割です。

瞬間風速で資産1億1000万円ほどあった個人投資家の ('v`)◆MoGuRoeFuM さんがその数週間後に資産21万円になって退場
空売りファンドはなんとかして12500円を売り崩そうとしていますね。こういう時ですから日経平均に振り回されない投資をしましょう。
プロが厚い買い板を並べる5940 不二サッシ(株)で中長期で3倍4倍目指しませんか?

追記:12500円割れ。今回のSQは空売りファンド大勝利。

世銀、日本の成長率を大幅上方修正 アベノミクスを評価 全世界は下方修正

▼新刊案内

先日サーフィンセッションをした5940 不二サッシ(株)を手がけている和歌山の低位株筋の御本尊様から読み終わったのであげるともらってきた本なのですが、実に低位株投資のツボを抑えていて、よい本だと思いました。
「フェラーリもマイホームもキャッシュで購入」ってワシのダチと同じやがな(爆)
今日は7986 キング工業(株)に買い指値入れています。

世界の一部主要銀行の複数のトレーダーが、数兆ドル規模の投資の価値を決めるために用いられる外国為替レートの指標を操作していたことが、事情に詳しいディーラー5人の証言で明らかになった。

自民党の二階俊博・総務会長代行の地元・和歌山が建設バブルに沸いている。 「自民党が政権に復帰して道路建設の予算が戻ってきた。本体の建設事業だけではない。トンネルを掘れば残土処分場が必要になり、道路が延びれば地元で観光活性化などのためのハコモノが建てられる。数年ぶりに業界にとっていい循環が生まれている」 県内のゼネコン関係者はこう息巻く。

これ、久しぶりに和歌山にニ泊してたいへんよく実感できましたよ。
いくらポスターに京奈和道の早期着工とか書いていても、民主党候補なんてろくなもんじゃないということが、和歌山県民もよくわかっただろ。
総仕上げに淡路島と和歌山の間にトンネルか橋を作ったろうやんけ。

米国株式市場は調整局面入り インベスターズ・ビジネス・デイリー(IBD)

あのタイミングでシティグループ株の利食い指示を出したうちの師父はやはり凄い。
わしはもう全部売り切りました。



この本は面白い。行き着く先はセカンドルネッサンスか。
【解説より】
リーマン・ショック後、世界的な経済危機は脱しても一向に失われた雇用が回復しない状況に、経済学者は頭をひねってきた。代表的なのはポール・クルーグマンが唱える景気循環説。雇用の回復が弱く、需要が不足していると見る。第二の説明は、タイラー・コーエンが提唱する技術革新の停滞説。経済を進歩させる新しい強力な発想が生まれてないからだと見る。
これに対して、本書の2人は、技術の進歩が速すぎて起きる雇用喪失説の立場をとる。つまり、コンピュータとの競争に人間が負け始めていることこそ、雇用が回復しない真の原因であると主張する。
【読者レビューより】
面白かったジョークが、ヘンリー・フォード2世と全米自動車労働組合(UAW)会長の会話。 機械化の進んだ最先端工場を視察した二人。「ここにいるロボットたちからどうやって組合費を徴収するつもりかい?」とフォードが言うと、「ここにいるロボットたちにどうやって車を買わせるつもりかい?」。この会話は、端的に、機械化の進んだ世界の問題点を浮き彫りにしている。

これぞマトリックスの救世主。オメガ点。人類補完計画。
【読者レビューより】
レイ・カーツワイルさんが主張するタイムテーブルは次の通り。
2020年代 AI が 人間並みになる
2030年代 ナノ単位の小ささのロボット(ナノボット)で体内から多くの病気を治せる
同じくナノボットで脳内からヴァーチャル環境に完全没入できる
2040年代 人間の脳の構造が研究しつくされ、コンピュータは超高性能になる
その結果、人間の脳内の情報をコンピュータにコピーできるようになる
コピーされた脳内情報とは「人間自身」なので、人間もまたコンピュータ並みに超高速で考えられるようになる。
科学は爆発的に発展し、ヴァーチャル環境と同じことが現実でも可能となる。
これは、人間自身が人間を進化させ、新しい種を生み出したのと同じ。これが「特異点」だ。

本日のニュースオチ