2014年4月13日日曜日

本日の宗主国様・属国オチ

高校の時、日本が我が国の島を占領したんだと聞いてすごく腹が立った。大学の時、南海諸島が人に奪われたと聞いて、船に乗って敵を討ちにいこうと思った。だがその後、歳をとって考えるようになった。私の足の下にある中華人民共和国の土地は私に関係あるのか。死んだら土地を借りて埋葬される。大金を払って墓を借りるのだ。いったい我々の敵は誰なんだ。

中国共産党です。革命してください。



エリオット波動の宮田直彦大先生が本を書きました。これは読まねば。

これおもろい本やねぇ。安価な文庫版が出た↓この本と一緒に読みたい。

本日の健康オチ

息子のオナニーを見てしまいました。隣の部屋には妹がいるのに部屋でそんなことをしているなんて信じられません!

ワイなんて中学高校の時分は深夜茶の間で大人の子守唄見たり、ダチから借りたエロビデオを見ながらオナニーしているのをオカンや妹に10回以上見つかりました。

はじめて女性器のにおいを嗅いだら・・・・・・(閲覧注意)

【閲覧注意】俺氏、男性器から虫が湧く



エリオット波動の宮田直彦大先生が本を書きました。これは読まねば。

これおもろい本やねぇ。安価な文庫版が出た↓この本と一緒に読みたい。

本日のリーベンオチ

求心力低下の橋下大阪市長に、公明党・創価学会が「協力の用意がある。ただし我々の要求を取り入れろニダ」(学会要職者)

お遍路道ハングルシールの件。 霊場会は電話に出ませんでした。香川県制作部文化振興課に問合せた所「許可は出していない」とのこと。

菅義偉長官「慰安婦検証チームは法律家、マスコミ、女性から人選」



エリオット波動の宮田直彦大先生が本を書きました。これは読まねば。

これおもろい本やねぇ。安価な文庫版が出た↓この本と一緒に読みたい。

本日のネタオチ

もうこの話は取材もお断りしているのだが、また嘘をついている人がいるので、ひとことだけ。慰安婦問題について朝日新聞の捏造報道の片棒をかついだ吉見義明氏らが「政府は河野談話を検証するな」と外国特派員協会で主張した。彼らが事実関係に自信をもっているなら、なぜ検証するなというのか。むしろ証拠をちゃんと調べろと要求すべきではないのか。

人生の9割は家庭環境で決まるよな?

もちろんそうだが、いれ以前にどの国に生まれてくるか、どの性別に生まれてくるかも自分で選んだものではないのだから、事実上自由意思など存在しない。
だから、無意味な責任感と罪悪感から解放されて済度されるがいい。

[悲報]俺、連邦の兵士だけどア・バオア・クー攻略戦でボールに乗れと言われた。俺、故郷に結婚を約束した彼女がいるんだが誰か助かる方法を教えてくれ。

死んだふりをする。

いまだ慰安婦誤報訂正しない朝日新聞 理研批判は恥ずかしい

嫌儲民の精神が崩壊 嫌儲民「聖戦じゃあああ ネット文化の秩序が崩壊しようとしている! 立ち上がるのだ!嫌儲のレジェンド達よおおおお 嫌儲よ!!目覚めよ!!



エリオット波動の宮田直彦大先生が本を書きました。これは読まねば。

これおもろい本やねぇ。安価な文庫版が出た↓この本と一緒に読みたい。

本日の相場・経済オチ

鎌倉先生、ポジションを公開

不二サッシとアスモはもう持っておられないのですね。まぁ懸命な判断でしょう。結局不二は損切り、アスモはトントンぐらいだったのでは?
それにしても思うのですが、先生の著書の投資スタイルは、6ヶ月のしばりのある信用取引との組み合わせは向いていないのではないでしょうか。
今までうまくいったのはアメリカと日本の金融緩和による過剰流動性あってのこそで、本来企業の成長性や割安性が株価に織り込まれていない銘柄が織り込まれるようになるには、1週間で起こることもあるでしょうが、2年3年かかることもあります。
特にリーマンシヨック以降、大手日経証券や外資系証券でアナリストがのきなみ営業に配置転換されたりリストラされたりして、一部でも地方に本社があったり、二部や新興市場のITやバイオなどの人気業種以外の業種では、レーティング付与のための調査が行き届いていない状況です。
こうした状況下では過剰流動性相場が終わったら割安銘柄への循環物色が止まってしまい、プロによるバリュー修正の銘柄発掘ということは基本的に新たなレーティング付与やM&AやTOBやMBOといったイレギュラーなイベントに期待するしかありません。
ですから6ヶ月の縛りがある信用取引は向きません。6ヶ月以内にそうしたイベントが起きる可能性に期待するのは投資ではなくバクチだからです。
そういうわけで、これから信用取引をしようという人はよーく考えてください。日銀の追加緩和が行われるまで、信用取引で買いから入ると、レバレッジ次第では、死にます。これは断言しておいていい。



エリオット波動の宮田直彦大先生が本を書きました。これは読まねば。

これおもろい本やねぇ。安価な文庫版が出た↓この本と一緒に読みたい。

本日のニュースオチ