2016年10月9日日曜日

業務連絡です。

オカンの葬式が終わって、ヨッメや弟一家も帰って役所やら年金事務所やら銀行やらへの届けと必要書類の収集やらでバタバタしていて、休み中の本業の仕事も溜まっていてしばらく更新できないなぁと思っていたら、背中の腰のあたりが無茶苦茶痛くなって、おいおい勘弁してくれよ、妹が以前なった尿路結石か膵臓がんか?と思って救急車を呼んだら、狭心症でした。本当に心労がたたったということのようです。
治療をせず放って置いたら心筋梗塞になって確実に死ぬとのことですので、心筋梗塞になって心臓の筋肉が壊死する前に早く見つかって良かったです。実はうちのブログを長く読んでおられる方はご存知かもしれませんが、広告代理店勤務時代にたばこを吸ったり無茶苦茶な残業などの不摂生な生活がたたって心筋梗塞になって死にかけたことがあります。その時はダチが勤務していた某大学病院に緊急入院と緊急手術だったんですけどね。
現在深刻な状態にではないので一旦家に帰ってますが、そういうわけで、週明けに手術の段取りを決めるための精密検査で入院します。たぶんそのまま手術が終わってしばらくするまで入院になるでしょう。主治医の先生はダチのダチで、心臓外科の専門家ですから、腕の方は心配していません。わしはなんでもそうですが、専門家の言うことは信頼することにしているのです。冠動脈カテーテル手術で簡単な手術で治りそうとのことで、術前術後1週間~の入院が必要になるとのことです。
妹はわんわんなくわやらなんやらで、ヨッメは連休にまたとんぼ返りやらで本当に参りました。まぁそういうことはないでしょうが、今日は朝から遺言を書いたりしていました。
そういうわけで2週間ぐらいは更新なしだと思っていてください。
ちなみに母は苦しまずに死ねました。夕方に半分寝言みたいな感じで何が言いたそうにしているので耳を近づけますと、「なんてこと・・・お父さんが迎えに来た」というものですから「大嫌いな人が迎えに来たのならまだ死なないよ」と言って風呂に入って晩飯を食っていたら、往診に来てくださっている医院の看護婦さんが点滴の交換に来られたので、「お願いします」と言って母のところに案内したら、「お母さん、息をされていません・・・」と言って脈を取り、「ご臨終です」と言われました。ほんと、拍子抜けしました。死亡診断書を書いてもらわないといけないのですが、主治医は夕方の診察が長引いているので、明日昼来てもらいますということでしたので、それならということでダチの外科医にとうとうオカンが死んでしもうたとメールしたら、遅くなるけど帰りに家に死亡診断書の用紙もって寄ると言ってくれたので、死亡診断書は中学のときから家に何回も泊まりにきている息子のマブダチに書いてもらうことになりました。幸せな最後だったと思います。

本日のニュースオチ